生体試料搬送容器 CryoHandy MR-LN-500

関連カテゴリ

CPC/CPF・病院/クリニック・研究室内の液体窒素凍結サンプルの搬送に!

ふた天面の温度表示機能。容器内部温度確認が可能です。

サンプルの取り間違いを避けるため、番号をレーザー刻印。

ふたを閉じた状態でも内圧上昇の心配はありません。

  • 商品情報
  • 仕様
  • 注文案内

CryoHandyは、1~2mLのチューブサンプルを液体窒素の凍結保存状態で搬送する容器です。温度センサー付きで、フタ天面の温度表示部分から、容器内部の温度を確認することが可能です。(温度記録機能はありません)
従来のドライシッパーと比較し、極めて小型で、短時間サンプル搬送に最適です。
CPC/CPFなどの細胞加工施設や、病院・クリニックなどの臨床現場、研究室内や近隣施設間での搬送に最適です。

  • 温度維持機能
    従来のドライシッパーよりも極めて小型でありながらも、-150℃以下を4時間維持できます。
  • 温度確認が可能
    温度表示機能付きで、搬送中も容器内部の温度が確認可能。電池寿命は1日2時間使用でも3年以上使用可能です(2500時間)。
  • 使いやすい
    極めて小型で持ち運びや取扱いが容易です。
  • 衛生面に配慮
    細菌が繁殖しやすい深い溝が少なく、アルコールによる消毒が可能です。
  • 内圧上昇の防止
    気化した窒素を逃すための溝が付いており、ふたを閉めた状態でも内圧上昇の心配はありません。
  • サンプル識別が容易
    サンプルの取り間違いを防止するため、チューブスロットに番号をレーザー刻印しています。

検証データ

CryoHandyに液体窒素を注ぎ、吸着量244.3g(平均,n=5)、外気温25℃の条件で容器内温度を計測しました。
CryoHandyは、-150℃以下を4時間維持することができました。

 


CryoHandyの使用方法

■CryoHandy
カタログ番号 M7CRHD000
サイズ(容器) 高さ143mm×直径87mm
サイズ(ふた閉め時) 高さ180mm×最大直径98mm
重量(乾燥時:ふた付き) 520g
重量(充填時:ふた付き)* 約750g
液体窒素吸着量 230g以上
1~2mLチューブ収納数 8本(径12mm、高さ50mmまで)
液体窒素予冷時間 30分
-150℃以下保持時間 4時間
材質 容器本体 ステンレス
ふた ポリカーボネート
温度センサー
(温度検知部)
ステンレス
バイアル保持具 発泡ポリウレタン
液体窒素吸着剤 樹脂加工品
温度センサー K熱電対
自動パワーオフ 3分

*サンプル重量は含みません。液体窒素吸着量により変動します。

カタログ番号 品名
M7CRHD000 生体試料搬送容器  CryoHandy(Model: MR-LN-500)