ColdTrackテクノロジー 非接触RFIDタグ管理

関連カテゴリ

霜付きや結露があっても識別OK、RFIDタグを用いた検体管理の新基準

1~2mlクライオチューブに対応(Wheaton製)

シングルチューブ用 非接触式RFIDリーダー

  • 商品情報
  • 注文案内

RFID(Radio Frequency IDentification)は非接触ICカードとして普及しているSuicaやEdyに用いられている電波による個体識別技術です。ColdTrackテクノロジーは、業界唯一の-196℃動作保証をした検体管理用RFIDタグにより、検体管理を新たなステージへと導きます。

  • 検体管理に対応する温度レンジ
    -196~134℃までの幅広い温度レンジでの耐性を保証します。
  • RFIDを用いたデータ管理
    RFIDタグはEPC Class1 Gen2規格に準拠しており、96ビット長コード(TID)により重複なく個体識別されます。
    UHF920MHz帯で100mW以下の低出力(特定省電力)です。
  • 従来管理と共存できるRFIDタグ付きインサート
    RFIDタグは、チューブ底面にセットできるインサート内にタグとループアンテナが格納されています。
  • 管理を効率化するリーダー
    フリーズボックスの一括読取できるBoxMapperと、1本単位の読取ができるリーダーをご用意しています。
  • RFIDならではの高速読取
    凍結状態であっても、位置情報とデータ取得をわずか2秒で完了。凍結サンプルへの影響を最小限にとどめます。
  • 上位システムやプログラムからの連携
    LIMSや検体管理ソフトウェアで活用できるソフトウェアパッケージと開発ツールをご用意しています。
    (有償となる場合があります。詳細はお問い合わせください。)



カタログ番号 品名
BM209900000 BoxMapper2-9 非接触式RFIDリーダー(9×9)
BM20AA00000 BoxMapper2-10 非接触式RFIDリーダー(10×10)
SV-1101 シングルチューブ用 非接触式RFIDリーダー
WI-0001 RFIDタグ付インサート(二次元バーコード無) 500個入
WI-2001 RFIDタグ付インサート(二次元バーコード有) 500個入
CL000000100 BoxMapper2対応フリーズボックス用ラベル(RFIDタグ内蔵)