ローラーボトル用回転培養装置

関連カテゴリ

実績ある回転培養装置にさらに磨きをかけた新型が登場しました!

  • 商品情報
  • 仕様
  • 注文案内

培養用ローラーボトルを用いて、付着細胞の大量培養を行うための装置です。従来の輸入製品の長所を生かし、国産ならではの改良を加えた製造利用に最適な製品です。

  • 従来品との互換性
    設置本体は米国Chemglass社製品と完全に互換性があります。大型インキュベーターに収納し、使用することができます。
  • 本体はオールステンレス製
  • 液晶タッチパネル搭載
    直観的な操作で制御パラメーターや各種設定ができる液晶タッチパネルを搭載しています。
  • 幅広い回転レンジ
    超低速の0.05rpmから最大2rpmまでの幅広い設定が可能。細胞播種時に超低速運転させたいときに最適です。
  • 回転数自動補正機能
    ローラーボトルの直径が変わっても、直径を数値入力すれば自動的に回転数補正を行います。
  • 優れたスケーラビリティ
    1本あたり5本、10段構成で50本のローラーボトルを使用可能で、必要に応じ増設できます。
  • 回転異常検知機能搭載
  • 全位置駆動機能搭載
    全ポジションでのローラーボトル駆動を可能にする、全位置駆動機能を搭載しています。
  • 移動可能なキャスター、アジャスターフット付
カタログ番号 WKN-2201
モーター パルスモーター
最大デッキ数 10段(ボトル50本)
推奨ボトル径 90~120mm(最大長さ528mm)
ローラー材質 エチレン・プロピレンゴム(EDPM)
本体材質 ステンレス(SUS304)
塗装なし・ヘアライン
回転速度設定範囲 0.05~2.00 rpm
回転速度表示精度 ± 0.02 rpm
重量 ベースユニット:19kg
増加デッキ:13kg
外寸法
(ボトル込み)
1段:812.7(W)×621.6(D)×483(H)mm
2段:812.7(W)×621.6(D)×643(H)mm
3段:812.7(W)×621.6(D)×803(H)mm
4段:812.7(W)×621.6(D)×963(H)mm
5段:812.7(W)×621.6(D)×1123(H)mm
6段:812.7(W)×621.6(D)×1283(H)mm
7段:812.7(W)×621.6(D)×1443(H)mm
8段:812.7(W)×621.6(D)×1603(H)mm
9段:812.7(W)×621.6(D)×1763(H)mm
10段:812.7(W)×621.6(D)×1923(H)mm
電源 AC100V 50/60Hz 100VA
動作環境 5~40℃/80%RH以下(結露なきこと)
カタログ番号 品 名
WKN-2201 回転培養装置 ベースユニット(1段)
WKN-2202 回転培養装置用増加デッキ(最大10段まで)