製品紹介

高い効果と安全性・持続性を兼ね備えた除菌剤 バイオトロール

byotrol_title

優れた効果を有する除菌剤、バイトロールの取扱いを開始いたしました。
バイオトロールは、全ての菌・ウイルスに有効でかつ持続性、安全性を備えた次世代の除菌剤です。

byotorol_point

英国発の次世代除菌剤バイオトロールは、優れた除菌効果と、乾いてからも効果が持続するという従来の除菌剤の常識を覆した性能が認められ、英国の公的医療保険制度NHSの指定サプライチェーンに登録されており、感染対策における新しい解決策を提案しています。
一般細菌・真菌・ウイルスに対してさまざまな機関により、その作用が確認されています。

バイオトロールの特長とは

バイオトロールは優れた除菌効果に加え、バリアコーティングで乾いてからも除菌効果が持続します。

  • 強力
    さまざまな菌に対し、作用が確認されています。
  • 持続性
    乾いてからも数日間、場所によっては数ヶ月間効果が持続します。
  • 優しい
    生分解されるため、環境に害を及ぼしません。
  • 無臭
    アルコール、塩素系消毒剤は一切不使用です。
  • 除菌・抗菌のしくみ

    バイオトロールは表面にバリアを形成し、化学的・物理的に菌やウイルスを不活化します。

    byotrol1byotrol2byotrol3
      1. マイナスに帯電している浮遊菌やウイルスはバイオトロールに引き付けられます。
      2. バイオトロールに付着した細菌やウイルスには、針山のような表面が形成され、四方八方に引っ張られる張力が発生します。
      3. 細菌やウイルスは張力に耐えられず引き裂かれ、分解されます。

    技術


    バイオトロールは、低水準消毒薬である塩化ベンザルコニウムやコンタクトレンズの洗浄液に含まれるポリヘキサメチレンビグアナイドなどの成分を特別な割合で配合して製造されます。
    バイオトロールは一般的に使用されているカチオン性殺菌剤と疎水性ポリマーに基づいた技術です。バイオトロール技術の特長は、主にコロイド懸濁液内の殺生物剤成分の配列と構造化によるもので、これをアンフィセルと呼んでいます。
    アンフィセルの構造により、濡れた場所や乾燥した場所でも変わらず除菌効果が最大に発揮され、高分子構造により懸濁液中では浮遊微生物に対して一度の接触で十分な除菌効果を示します。

    低い基材損傷性

    バイオトロールの特長の一つに、基材への損傷性が極めて低い事があげられます。
    基材によって除菌剤を変える必要がないので、あらゆる環境の清拭をバイオトロール一本にまとめてしまうことが可能です。
    "

    バイオトロールサニタイジングワイプの驚愕の拭き取り性能

    消毒剤や除菌剤を含ませた不織布などで清拭しても、汚染物質を塗り広げているだけでは意味がありません。バイオトロールサニタイジングワイプは汚染物質を確実にキャッチし、バイオトロール自体の抗菌効果で清拭面を清潔に保つことが可能です。以下の動画は、汚染源に見立てた粉体を、他社製品での清拭した場合、バイオトロールサニタイジングワイプで清拭した場合の清拭性能を比較したものです。バイオトロールサニタイジングワイプの高い清拭性能をぜひご覧ください。