MaxCell MLF 生産向け多段型フラスコ対応CO₂インキュベーター

関連カテゴリ

GMP生産設備に適合。生産向け多段型フラスコ対応CO₂インキュベーター

専用カートを用いて40段容器×4個をチャンバー内に導入可能

MLF2: 2チャンバーモデル(40段容器×8個搭載可能)

MLF1: 1チャンバーモデル (40段容器×4個搭載可能)

ワンタッチ式コネクターで培養容器に調整ガスを強制通気

  • 商品情報
  • 仕様
  • 注文案内

MaxCell MLF(Multi Layer Flask)は、セルファクトリー(ThermoFisher)やセルスタック、ハイパースタック(Corning)に代表される、多段型フラスコの大型容器を専用カートごと格納し培養できる生産スケール対応の培養装置です。

  • セルファクトリー/セルスタック40段容器に対応
    大型の40段/52段容器を1チャンバーモデルは4個、2チャンバーモデルは8個収納できます。
  • 専用カートをそのまま格納
    四国計測工業製の搬送カートをドッキングし、上台車ごとそのままインキュベーター内に格納・固定可能です。
  • ガス接続も簡単
    CO₂ガスのチュービングは、ワンタッチ逆止弁付コネクターで簡単に接続。CO₂ガスは本体内のミキシングチャンバーで設定濃度に調整され、各培養容器に循環供給されます。
  • フラスコ自動識別・流量も自動計算
    内蔵センサーでチャンバー内の培養容器数を自動識別。ガス流量も容器1個あたりの設定を入力するだけで、全体流量を自動計算します
  • フロントドアからチャンバー内の確認が可能
    前面ドアにはガラス窓があり、チャンバー内LED照明で内部の確認が容易です。
  • 多機能な液晶タッチパネル
    液晶タッチパネルからは、操作履歴のほか、各パラメータのトレンドグラフ表示、使用中の培養容器数などを簡単に把握できます。
  • 外部記録計をビルトイン可能(オプション)
    本体前面パネルに外部記録計を搭載し、各制御パラメータを記録できます。

 

 

カタログ番号 WKN-MLF1 WKN-MLF2
チャンバー容量 (L) 1216.0 1626.0
対応容器 セルファクトリー40段/52段(Thermo Fisher Scientific)

セルスタック40段、ハイパースタック36段(Corning)*

収納数 セルファクトリー 4 8
セルスタック 4 8
ハイパースタック 8 16
温度 範囲(℃) 室温+8~50
表示精度(℃) ±0.5(at 37℃)
CO2 制御方式 デジタルPID
範囲(%) 0~18.0
表示精度(%) ±0.5
センサー IR
内寸法(mm) 790(W)×1182(D)×1302(H) 1060(W)×1182(D)×1302(H)
外寸法(mm) 950(W)×1354(D)×1750(H) 1218(W)×1370(D)×1750(H)
重量 410 530
電源 AC100V 50/60Hz 800VA AC100V 50/60Hz 1100VA

*MLF2でのハイパースタック使用については予めご相談ください。

カタログ番号 品名
WKN-MLF1 MaxCell MLF MODEL MLF1(1チャンバーモデル)
WKN-MLF2 MaxCell MLF MODEL MLF2(2チャンバーモデル)