クライオライブラリーアドバンス 細胞全自動凍結保存システム

関連カテゴリ

大学や研究機関で広く利用されているバイアルボックスによる試料収納に対応。試料管理の自動化に向けて、スムーズな移行を実現

  • 商品情報
  • 仕様
  • 注文案内

クライオライブラリーアドバンス は、液体窒素を用いて大量の検体をボックス単位で保存するシステムです。バイアルには2次元コードがついており、ボックスでもバイアル単位でもピッキングが可能です。読み取った2 次元コードデータは、専用管理ソフトで個別に管理され、取り違えを防止する安全・安心なシステムを構築しています。
収納数は2mlバイアルで10,368本(1mlバイアルは、16,128本)を可能とし、更に液体窒素の蒸発量を大幅に抑える改良を加え、運用コストを大きく抑えることに成功しました。

  • 1ml×96本/2ml×48本フォーマットバイアルボックスの収納に対応
    ボックス単位もしくはバイアル単位での入出庫が自動で行えます。また、凍結バッグ仕様として、カスタマイズも可能です。
  • スピーディな試料ハンドリング
    バイアルの底面には、個別の2次元コードがついています。装置には、高性能な画像処理カメラを搭載し、48本/96本のバイアルを一括で瞬時に読み取ることができます。
  • 液体窒素の蒸発量を大幅に低減し、装置の運用コストを大幅に削減します。
  • 停電などの非常時でも、20日以上にわたり-150℃以下を保持することが可能です。
  • 搬入しやすいコンパクト設計
    装置全高が2,000mm以下のコンパクト設計を採用。扉開口など、搬入経路の制約を最小限にしました。容器とロボット部分を分解することなく、搬入・据付が可能です。
品名 クライオライブラリーアドバンス細胞全自動凍結保存システム
外寸法 1,250(W)×1,495(D)×1,960(H)mm
重量 約900kg
凍結保存温度 -150℃以下(気相保存)
試料収納数 16,128本(1mlバイアル):96本フォーマットバイアルボックス×168個
10,368本(2mlバイアル):48本フォーマットバイアルボックス×216個
液体窒素蒸発量 5L/day(凍結保存容器単体)
電源 AC100V 単相 50/60Hz 15A
停電時の温度保持 20日以上
バイアルデータ管理 2次元コードデータを個別管理
入出庫の履歴を一覧表示
在庫情報の管理
付帯工事 液体窒素供給システム工事、排気ダクト工事、酸素濃度計設置工事

消耗品・器材

カタログ番号品名容量・単位価格(円/税抜)
クライオライブラリー・アドバンスお問合わせ