MVE 液体窒素凍結保存容器 CryoSystem Series(ボックス収納タイプ)

関連カテゴリ

フリーズボックスを使用して液体窒素保存する場合の大容量モデル

  • 商品情報
  • 仕様

CryoSystem Seriesは、液体窒素消費量の少なさと中程度のバイアル収納能力を兼ね備えたクライオボックス保存専用の容器です。
軽量で場所もあまり取らず、使いやすい経済的な製品です。

  • フリーズボックスに収納することで、試料の取出し・管理が容易
  • 中程度の収納能力(アンプル総収納数:750本~6000本)
  • 液体窒素の残量監視が可能(オプション)
型式 CryoSystem 750 CryoSystem 2000 CryoSystem 4000 CryoSystem 6000
カタログ番号 T0CS75000 T0CS20000 T0CS40000 T0CS60000
液体窒素容量 L 47.4 61 121 175
液体窒素
蒸発損失量 ※1
L/日 0.39 0.85 0.99 0.99
液体窒素
再充填期間 ※1
76 38 70 104
容器外径 mm 508 559 559 665
容器全高 mm 673 692 965 959
容器口径 mm 127 216 216 216
容器空重量 ※2 kg 19 26.3 36.7 46.7
液体窒素
充填時重量 ※2
kg 57 82.5 136 193
ラック収納数(段数) 6(5段) 4(5段) 4(10段) 6(10段)
1.8mLバイアル
総収納本数 ※3
750 2000 4000 6000
フリーズボックス
収納数
30 20 40 60
フリーズボックス
仕様
5×5 10×10 10×10 10×10

※1 キャニスターや試料の未収納時における静置状態での公称値であり、設置環境や使用頻度により変化します。
※2 ラックや保存試料の重量は含みません。
※3 フリーズボックスに、容量1.8mLのインナーキャップバイアルを装着した場合の数値です。