BioT ULT / LN2 トランスポーター

関連カテゴリ

超低温環境を長時間維持する優れたワークステーション!

ドライアイスの箱内の温度  (左)発砲スチロール (右)BioT UTL トランスポーター → 発砲スチロールではドライアイスから 0.6インチ上までしか-50℃以下を維持できない。

ULTは4つのパーツから構成されています。アルミ製のDIRリテイナーの周囲にドライアイスをセットします。LN2は6個のパーツから構成されています。吸収性バッフルパッドにLN2を吸着させて使用します。

キャスター付大型モデルや液体窒素対応版もご用意しております。詳細はお問い合わせください。

  • 商品情報
  • 仕様
  • 注文案内

BioT ULT / LN2 トランスポーターは、フリーザーや液体窒素からの凍結サンプルのコレクション、整理、輸送時に温度環境を損なうことなく利用することのできる優れたソリューションです。
超低温フリーザーや液体窒素容器からのサンプル整理・移し替え作業、バイオバンク・セルバンクなど保管施設におけるサンプルの移送・輸送など様々な用途に利用できます。
ドライアイス用(ULT)、液体窒素用(LN2)の2種類からお選びいただけます。

  • 電源やバッテリーを必要としません
  • ドライアイスを使用して、-70~-50℃の温度帯で、8時間以上(フタ開時)。最大24時間以上(フタ閉時)の保持が可能 (BioT ULTトランスポーター)
  • 5分程度の準備で、すぐ使用できます
  • 軽量で持ち運びも簡単です
  • 衝撃にも強く、堅牢な設計です
  • アルコールなどのクリーンアップが可能です
  • 内部リテイナー*を交換することで、ドライアイス用(ULT)、液体窒素用(LN2)どちらにも使用可能です
    *内部リテイナーは別売りです

【発砲スチロール箱+ドライアイスと同じじゃないの?】 と思われている方へ
一般的に凍結サンプルの輸送・移送には、ドライアイス入りの発砲スチロール箱がよく利用されています。
しかしながら、この方法はドライアイスから僅か1.5cmまでの範囲でしか-50℃以下を維持できません。
さらに、ドライアイス表面から5cm離れた一般的なフリーズボックスの温度は-20℃より高くなってしまいます。

カタログ番号 AST-500D AST-500L
-50℃以下維持時間 フタ開:8時間以上、フタ閉:24時間以上
-150℃以下維持時間 フタ開:1~1.5時間、フタ閉:2~2.5時間
必要冷媒量(種類) 5.4kg(ドライアイス) 2.7L(液体窒素)
本体重量 3.6kg 4.0Kg
本体重量(ドライアイス含) 9.0kg 6.2kg
収納寸法 5cm高フリーズボックス×8個 5cm高フリーズボックス×6個
有効高さ ワークエリア底面から20cm(<-50℃) ワークエリア底面の設置部から15cm(<-150℃)
ワークエリア寸法 290(W)×162(D)×203(H) mm 363(W)×198(D)×178(H) mm
外寸法 508(W)×338(D)×330(H) mm 508(W)×338(D)×330(H) mm

 

カタログ番号 品名
AST-500D BioT ULT トランスポーター
AST-500L BioT LN2 トランスポーター