大型液体窒素凍結保存容器 大型DRシリーズ/大型Gシリーズ(気相保存)

関連カテゴリ

液体窒素保管のプロフェッショナル!長期の保管も安心な大型タイプ

液体窒素レベル表示、保存温度表示、アラーム機能(液体窒素液面上昇/低下など)付

ネックチューブガード:貯蔵ラックを出し入れする際のネックチューブの損傷を防止(オプション)

  • 商品情報
  • 仕様
  • 注文案内

液体窒素関連製品で実績のある大陽日酸株式会社から、強固で安全性に優れた大型保存容器をご紹介します。
基礎研究からバイオ・医療分野まで幅広くご利用いただけます。

■大型DRシリーズ

  • 断熱性に優れ経済的
  • 大量・長期間の保存が可能
  • レベルマスター(液体窒素自動供給装置)採用による高い安全性
  • 鍵の取付仕様が可能(オプション)
  • ネックチューブガードの取付が可能(オプション)
  • 温度記録計の取付が可能(オプション)
  • カスタムメイドの仕様検討が可能

■Gシリーズ(気相保存タイプ)

  • 貯蔵ラック頂部付近で-190℃以下を保持可能
  • クライオボックスの固定にスライドストッパーを採用し、取扱が容易
  • レベルマスター(液体窒素自動供給装置)採用による高い安全性
  • ネックチューブガードの取付が可能(オプション)
  • 温度記録計の取付が可能(オプション)

大型DRシリーズ

型式 DR-100LM7 DR-245LM7 DR-250LM7
液相
保存用
気相
保存用
液相
保存用
気相
保存用
液相
保存用
気相
保存用
内容量 L 100 120 245 283 250 290
液体窒素容量 ※1 L 100 29 245 55 250 60
容器空重量 ※2 kg 90 98 132 150 150 169
液体窒素充填時重量 ※2 kg 171 121 330 194 352 217
液体窒素蒸発損失量 ※3 L/日 2.72 3.0 5.0
g/日 2.2 2.4 4.0
容器全高 mm 940 1050 970 1080 1050 1160
容器外径 mm 606 788 788
容器口径 mm 405 405 635
ストロー キャニスター
本数 ※4
26 57 61
総収納数
(0.5cc) ※5
19760 43320 46360
1キャニスター
あたり収納数
760 760 760
ラック
(アンプル)
標準ラック
(スライド
ストッパー付)
収納数
4 8 10
適用ラック
(アンプル)
BR-8-2S Ⅱ
(大型DRシリーズ用)
BR-8-2S Ⅱ
(大型DRシリーズ用)
BR-8-2S Ⅱ
(大型DRシリーズ用)
ラック段数 8 8 8
アンプル
総収納数
(1~1.8mL)
※5
3200 6400 8000
1キャニスター
あたり
アンプル収納数
800 800 800
1キャニスター
あたりの
6本立て
ケーン本数
100 100 100

 

型式 DR-430LM7 DR-760LM7
液相保存用 気相保存用 液相保存用 気相保存用
内容量 L 430 550 760 920
液体窒素容量 ※1 L 430 135 760 230
容器空重量 ※2 kg 340 360 530 555
液体窒素充填時重量 ※2 kg 687 469 1144 741
液体窒素蒸発損失量 ※3 L/日 4.1 6.23
g/日 3.3 5.0
容器全高 mm 991 1106 1040 1150
容器外径 mm 1110 1465
容器口径 mm 425 575
ストロー キャニスター本数 ※4 116 204
総収納数(0.5cc) ※5 88160 155040
1キャニスターあたり収納数 760 760
ラック
(アンプル)
標準ラック(スライドストッパー付)
収納数
20 32
適用ラック(アンプル) BR-8-2S Ⅱ
(大型DRシリーズ用)
BR-8-2S Ⅱ
(大型DRシリーズ用)
ラック段数 8 8
アンプル総収納数(1~1.8mL) ※5 16000 25600
1キャニスターあたりアンプル収納数 800 800
1キャニスターあたりの
6本立てケーン本数
100 100

※1 気相保存容器においては、液面が内槽内のトレイ下面にある時の数値です。
※2 レベルマスター、キャニスター、ラック、試料等の重量は含みません。
※3 キャニスター、ラック、試料未挿入時の静置状態における公称値であり、設置環境や使用頻度により変化します。
※4 内筒2段型を標準としています。キャニスターの形状はお問い合わせください。
※5 キャニスター内に内筒を2個入れて、国産品のストロー管を収納した場合の数値です。
※6 5026-S SYSTEM 100クライオボックスにアンプルを収納した時の数値です。

SRシリーズ、G48

型式 G-430-S7 G-760-S7
内容量 L 550 880
液体窒素容量 L 135 172
容器空重量 ※1 kg 360 400
液体窒素充填時重量 ※1 kg 480 539
液体窒素蒸発損失量 ※2 L/日 5.0 4.9
g/日 4.0 4.0
容器全高 mm 1100 1285
容器外径 mm 1110 1210
容器口径 mm 425 425
ラック
(アンプル)
標準ラック(スライドストッパー付)
収納数
20 32
適用ラック(アンプル) BR-7-2SG
(大型Gシリーズ用)
BR-11-2SG
(大型Gシリーズ用)
ラック段数 7 11
アンプル総収納数(1~1.8mL) ※3 14000 ※4 35200 ※4
1キャニスターあたりアンプル収納数 700 1100
1キャニスターあたりの
6本立てケーン本数
100 100

※1 レベルマスター、キャニスター、ラック、試料等の重量は含みません。
※2 キャニスター、ラック、試料の未収納時における静置状態での公称値であり、設置環境や使用頻度により変化します。
※3 5026-SYSTEM クライオボックスにアンプルを収納した時の数値です。
※4 ラック最下部のクライオボックスは、液体窒素に約20mm浸漬されます。

商品コード
型式 液相保存用 気相保存用
DR-100LM7 A0DR100L0 A0DR100G0
DR-245LM7 A0DR245L0 A0DR245G0
DR-250LM7 A0DR250L0 A0DR250G0
DR-430LM7 A0DR430L0 A0DR430G0
DR-760LM7 A0DR760L0 A0DR760G0
G-430S7 A0G430SG0
G-760S7 A0G760SG0