培養関連

インキュベーター内の細胞タイムラプス観察をお手軽に~CytoSMART 2

簡易ライブセルイメージング装置 CytoSMART2システム

小型かつ取り扱いが容易な、顕微鏡・ビデオカメラ一体型の細胞観察・記録用デバイス

CytoSMART2 システムは、一般的な細胞培養モニタリングや記録の作成、より大きな視界が必要なスクラッチアッセイなどに対応しています。
観察野は2.4×1.4mmで、一般的な顕微鏡と同等の10倍ズームです。記録された画像は2倍まで拡大でき、より詳細に細胞の状態を確認することが可能です。

画像のキャプチャやタイムラプス動画の記録は、CytoSMARTアプリで、直観的に簡単に実行可能。クラウドを利用すれば、研究室の外であっても、いつでもPC、タブレット、スマートフォンを利用して培養細胞のモニタリングすることができます。データはWiFi、LANを通じてクラウドへ転送、オフラインであっても柔軟にデータを記録し、保存します。

CytoSMART2 システムは、CytoSMARTタブレットを利用して操作を行います。手袋着用が義務付けられているような場合を想定し、タブレットは画面上のキーボードでも、外部キーボードを取り付けて使用することも可能です。

CytoSMART2 システムは、標準の血球計内サンプルの細胞数を決定するための細胞計数機能のオプションもあります。

CytoSMART2の特長
  • 簡単操作
    システムのセットアップは数分で完了
  • 小型
    あらゆるインキュベーターに対応の小型サイズ
  • クラウド技術
    いつでも、どこでも、培養細胞のモニタリングができます
  • WiFi・LAN・オフライン操作
    様々なネットワーク環境に対応し、柔軟にデータを記録・保存できます
  • 良好な光学部
    詳細な細胞観察、ズームイン機能
  • 低価格
    ライブセルイメージング装置としてはリーズナブルな価格です
  • CytoSMART2の通常画面

  • CytoSMART2による拡大画像

CytoSMART2 システムのアプリケーション

CytoSmartシステムの利用により、培養細胞のモニタリングや、多くのセルベースアッセイの細胞形態の確認が、細胞の傍にいなくても実行できます。また、培養細胞の画像やタイムラプス動画の記録も可能です。

  • スクラッチアッセイの自動画像/動画記録
  • 幹細胞の遠隔監視(低酸素状態や、またはGMP規制下)や、iPSCの初期化の遠隔監視
  • コンフルエンシーに対する自動アラート。細胞増殖曲線を記録し、培地、成長因子の素クローニングにより、細胞培養を標準化

実際のタイムラプス動画は下記からご覧いただけます。

チューブ形成アッセイ

ヒトアストロサイト培養

間葉系幹細胞培養

スクラッチアッセイ

Lonza株式会社のサイトから、大動脈平滑筋細胞培養皮膚角質細胞培養について実際のクラウド画面をご覧いただけます。

簡単セットアップ

CytoSMARTシステムのセットアップに特別なトレーニングは必要ありません。クイックガイドに従ってセットアップを行うだけで、数分で使用可能となります。
タブレットからe-mailアドレスを入力することで、新たなプロジェクトが開始します。指定のプロジェクトデータと紐付いたCytoSMARTクラウドのリンクが入力したアドレスに送信されます。このリンクを介し、いつでも、離れた場所からでもアクセスでき、培養細胞のモニタリングが可能です。

セキュリティ

CytoSMARTクラウドサービスは、世界で最も厳しく、また現在最も広く使用されているデータ保管基準に準拠している、ドイツのクラウドプロバイダーを利用しています。

簡単操作

クラウドシステムにより、離れた場所でもスマートフォン、PCから簡単に培養細胞もモニタリングが可能です。例えば、週末や夜でも自宅から細胞を観察することもできます。CytoSMART2クラウドサービスに保管された細胞の画像や動画は、.jpgファイルや.aviファイルでいつでもダウンロードが可能。さらに細胞のコンフルエンシーや温度データも記録しており、これらのデータはプロジェクトページから閲覧可能で、CSVファイルでダウンロードすることも可能です。
細胞が一定のコンフルエンシーに達した時点で発する自動アラートも設定できます。例えば、継代やトランスフェクションなどに備えてアラートを設定するという使い方などが可能です。

CytoSMART2 システムの内容物

CytoSMART2 システムには、本体のほか、タブレット、2年間のクラウドサービスアクセスが付属しています。
(継続的なクラウドサービスアクセスが付属したものもございます)

ライブセルイメージング

CytoSMART2 システムは小型顕微鏡と本体(細胞培養プレートとほぼ同サイズ)、そしてデバイスとリンクし、インキュベーターの外部に固定できるタブレット端末から構成されています。CytoSMARTをクラウドに接続することで、培養細胞の画像の確認や、タイムラプス動画の記録ができます。クラウドベースのシステムであり、PC、スマートフォン、タブレットなどどの端末でも、どのブラウザでも、細胞培養のデータにアクセス、ダウンロードが可能です。CytoSMARTシステムを用いることで、細胞をインキュベーター内の一定の状態に保ったままで、オンラインで離れた場所から細胞のモニタリングができます。
さらに、一定のコンフルエンシーに達した段階で発する自動アラートも設定可能です。

絶賛デモ受付中です!