タンパク質結晶化実験用スクリーニングキット:Structure Screen 1 & 2

関連カテゴリ

  • 商品情報
  • 仕様

Molecular Dimensionsは、タンパク質結晶化実験のためのスクリーン、試薬等を販売するリーディングカンパニーです。豊富な試薬キットは、様々なお客様に好評をいただいております。

Structure Screen1とStructure Screen2は、蛋白質やペプチド、水溶性低分子化合物の結晶化を行うために使われる最も歴史のあるスクリーンです。1991年にJancarik氏と Kim氏によって発表されました。

Crystal ScreenとStructure Screenは26条件の違いがあり、Crystal ScreenよりStructure Screenの方が38例多く、結晶化に成功した報告がされています。
いくつかの条件において、Molecular Dimensions社ではpHの調製に塩酸ではなく氷酢酸を利用しています。この組成は英国の研究機関で開発されました。

各キットの詳細は、「仕様」内の各品名(カタログ番号)をクリックすると表示されるPDFをご覧ください。
キット内の特定の試薬のみの販売も承っております。

※ECO Screen:毒物/有害物質含有キットに対して、対象物質を除外/置換したキットです。
カコジル酸:MESに置換
有害物質:キットから除外

各製品のカタログ番号をクリックすると、PDFがダウンロードできます。

商品名 条件数 容量 毒劇物 カタログ番号
Structure Screen 1 50 10mL 毒物 MD1-01
Structure Screen 1 ECO Screen 50 10mL MD1-01-ECO
Structure Screen 2 50 10mL 毒物 MD1-02
Structure Screen 2 ECO Screen 50 10mL MD1-02-ECO
Structure Screen 1+2 Combination 100 10mL 毒物 MD1-03
Structure Screen 1+2 Combination ECO Screen 99 10mL  MD1-03-ECO
Structure Screen 1+2 HT-96 96 1mL 毒物 MD1-30
Structure Screen 1+2 HT-96 ECO Screen 96 1mL MD1-30-ECO

 

※ECO Screen:毒物/有害物質含有キットに対して、対象物質を除外/置換したキットです。
カコジル酸:MESに置換
有害物質:キットから除外