CODESOFT 2015 ラベル作成ソフトウェア

関連カテゴリ

多彩なレイアウト機能とデータ連携で高品質なラベルデザインを実現

ウィンドウズのエクスプローラーで、ラベルデザインをプレビューできます

様々な図形やバーコードを使用できます
(左)ドットコード (右)メディカル向けのシンボル

  • 商品情報
  • 注文案内

ラベル作成ソフト「CODESOFT 2015」を使うと簡単かつ強力にラベルのデザイン&印刷ができます。テキスト、バーコードあるいはグラフィックの固定ソースまたはデータベースからの印 刷が必要な時、より高いレベルでのデータソースとの接続、セキュリティ管理、プログラムの拡張性が得られます。

  • 多彩なバーコードフォーマット
    JANコードをはじめとした流通・物流分野で使用されるGS1(旧EAN/UCC)コードなどの一次元バーコード、Datacode,Aztec,RSS,QR,PDF417を含む2次元バーコードなど、計100種類以上をサポートしています。
    また、今回より「ドットコード」が追加になりました。
  • マルチドキュメントインターフェース機能
    同時に数種類のラベルを表示でき、複数のファイルで同時に作業が進められラベル間でのコピー、貼り付けが簡単に行えます。
  • OLE DB機能
    新しくOLE DBをサポートし、従来同様にODBCとASCIIデータベースアプリケーションから直接CODESOFTの機能を制御することを可能にします。
  • ユーザーマネージャー
    管理者がそれぞれのユーザーに対し、ラベル変更、印刷能力、データベースアクセス、インターフェースのカスタマイズ及びソフトウェアの一般的使用に対するアクセス権を決定する権限を付与します。
  • フォントダウンローダー
    プリンタに内蔵していないWindowsフォントをサーマルプリンタに直接ダウンロードし、あたかも内蔵フォントであるかのように扱います。こうすることでプリンタの印刷スピードと出力を改善します。
  • バッチプリントマネージャー
    複数ドキュメントの印刷ジョブに対し、ラベルのファイル名及びラベル枚数を変数データとすることでカスタムバッチを作成する際に使用します。
  • POFマネージャー
    ユーザーフレンドリーなインターフェースを通じてプリンタオブジェクトファイルの作成と変更が可能になります。
  • コードコンバーター
    アプリケーションやプリンタ言語からのファイルをインポートし、バーコードプリンタで印刷できるようにします。
  • CADファイルなどの取り込み可能
    Auto CAD図面ファイル(.dfx)やウィンドウズメタファイル(.wmf)といったベクターフォーマット画像から、テキストやイメージ、図形等の要素を固定データとして取り込むことができます。
  • レイヤー機能
    複数ラベルを作成する際に便利な「スタートラベル」と「エンドラベル」の作成や、タグなどの両面印刷が可能。
  • Pro for Lab エディションが追加
    ラボラトリー向けのCODESOFTで、主にコンパクトプリンターからのラベル出力に適してします。エンタープライズと同様の1次元バーコードと2次元コードをサポートし、RFIDは非対応です。また、オブジェクトのロック・アンロック、ポートウォッチ、SQLモード機能、フォームビューワー、フォームデザイナー機能は搭載していません。

【システム環境】
対応OS:Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1、Windows Vista SP2
いずれも日本語版。また、64bit版はWOW64(Windows On Windows 64)で動作。サーバ版は動作保証外。

メモリ :2GB以上を推奨
ハードディスク空き容量:1.5GB以上
ディスプレイ :1024×768 True Color . 32bit以上

【ソフトウェア】
Microsoft Internet Explorer 7.0 SP1 以降
Microsoft .Net Framework 4
Adobe Acrobat Reader 9.0以降

【その他】
USBポート(ユーザー認証キーを使用するのに必要)
CD-ROMドライブ

カタログ番号 品名  内容
CS2015E-U CODESOFT2015 Enterprise
ラベル作成ソフトウェア
 CODESOFT 2015の全機能をサポートしたハイエンドバージョン。産業用プリンターなどをお持ちのお客さまに最適。
CS2015W-U CODESOFT2015 Win
ラベル作成ソフトウェア
Enterpriseエディションから産業用プリンター出力機能(CODESOFT内蔵プリンタードライバー)を省いた、OEM向け廉価版。印字には、プリンターメーカー提供のWindowsドライバーが必要。
CS2015R-U CODESOFT2015 Runtime 出力専用の廉価版。デザイン機能は非搭載。
発行現場やシステムインテグレータの配布用ライセンスとして利用可能。
弊社の「検体管理システム」で、既にWinなどをお持ちのお客様が2台目3台目のプリンターで、ラベルを印字する際に最適。

※上記は全て、ハードウェアキー(USBキー)でのライセンス認証を行う製品です。ソフトウェア(オンライン対応)でのライセンス認証をご希望のお客様は別途お問い合わせください。