MRC MAXI結晶化オプティマイズプレート(48条件・1ドロップ)

関連カテゴリ

MRCの発案により開発された、最適化実験にマッチする新型プレート登場

結晶をピックアップしやすく、観察にも適しています

MRC MAXI結晶化プレートのウェル形状

  • 商品情報
  • 注文案内

MRC Laboratory of Molecular Biology(英国・ケンブリッジ)の発案により開発された、スクリーニングに最適化されたプレートです。従来の結晶化プレートと比べ、研究者の視点から数多くの改良がなされた、非常に高品質で使いやすいプレートです。

  • コニカル形状のドロップ用ウェルはレンズ形状になっており、ドロップの位置決めと観察に適しています。
  • 結晶の取扱がしやすいようにドロップウェルは高い位置で幅広になっています。
  • 各ウェルにはウェル番号が刻印されており、顕微鏡観察時に便利です。
  • 自動観察装置にも適しており、安定した明るさと虹彩の少なさが特徴です。
  • ウェル間隔は広く取られ、プレートシールがしやすく高い密封性を実現します。
  • 通常のポリプロピレン(PP)とUV透過性樹脂の二種類があります。

【リザーバー容量】50~100ul   【推奨ドロップサイズ】10nl~5ul

カタログ番号 品名 入数
MD11-004-10 MRC MAXI 結晶化オプティマイズプレート(48条件・1ドロップ) 10枚入
MD11-004U-10 MRC MAXI 結晶化オプティマイズプレート(48条件・1ドロップ)
【UV透過性樹脂】
10枚入