Product Search
メーカーから探すMaker

close

    close

    カテゴリから探すCategory

    close

      close

      クリアランスセール
      (数量限定・在庫限り)
      Sale
      Keyword Search
      • パラップマーク
      • biocision
      • 微量分光光度計 ナノフォトメーター
      • SampleConductor
      • プチシリーズ

      トピックス

      > トピックス > 検体管理・自動化 > 【新製品】自動チューブラベリングシステム Sci-Print VX2/VXL発売!

      【新製品】自動チューブラベリングシステム Sci-Print VX2/VXL発売!

      2018/03/05

      自動チューブラベリングシステム
      Sci-Print VX2/VXL

      (画像:Sci-Print VX2)

      米国Scinomix社のSci-Print VX2/VXLは、大量のチューブに対して、ラベル印字・貼付を高速かつ連続的に処理できる自動ラベリングシステムです。
      大量チューブへのラベル印字・貼付をミスなく自動で行うことができるため、手間を大幅に削減し、ラボの生産性・効率性を飛躍的に高めることが可能です。
      適応チューブは0.5mL~50mLの幅広いレンジに対応しているほか、SBS規格ラックを6個搭載できるモデルや、12個搭載できるモデルをご用意しています。
      その他、自動バルクフィーダーVXQや、バーコードリーダー、送液ポンプなどの多彩なオプションもご用意しており、目的・規模に合わせて柔軟にご使用いただけます。

      特長
      • 幅広いチューブサイズに適合
      • 最大425本/時間の高速印字・貼付
      • スケールに応じたラインナップと拡張性(VX2/VXL)
      • 使いやすいソフトウェア
      • カスタムラック・デッキに対応

       

      自動チューブラベリングシステム VX2/VXL

      VX2/VXLのおすすめポイント

      1. 異なるデッキサイズを2モデル
      2. 専用ピッカーで高速・確実処理
      3. 豊富なラベルサイズ
      4. 専用バルクフィーダーとの連携で、さらなる大量処理が可能
      5. バーコードリーダー組み込み
      6. 専用ソフトウェア

          1. 異なるデッキサイズを2モデル
            SBS規格ラック*を6個セットできるVX2、12個セットできるVXLの2モデルをご用意しています。SBS規格ラック使用時のチューブ搭載本数は下記表をご覧下さい。
            (*マイクロプレートと同サイズ。W128×L85.5mm)

             ラック種類  VX2(6デッキ)  VXL(12デッキ)
             96本ラック  576  1152
             48本ラック  288  576
             24本ラック  144  288

         

          1. 専用ピッカーで高速確実処理
            本体に搭載されたピッカーは確実にチューブを保持し、ラベリングユニットへ搬送します。ピッカーのサイズはチューブサイズや種類に応じて簡単に交換していただけます。
          2.  専用バルクフィーダーとの連携でさらなる大量処理が可能
            専用バルクフィーダーVXQと連携することで、空チューブへの処理をより連続的に行うことが可能です。

         

          1. 豊富なラベルサイズ
            様々なチューブに対応する各種サイズのラベルをご用意。全てのラベルは100~196℃の温度耐性を保証します。

         

        1. バーコードリーダー(オプション)
          バーコードリーダーを組み込めば、チューブ固定の二次元バーコード情報をもとに印字したり、貼付後の適合性確認を実施することができます。
        2.  使いやすい専用ソフトウェア
          専用ソフトウェアで、印字したいラベルデザインのほか、自動処理における様々な設定を一元的に管理することが可能です。

         

        専用バルクフィーダー VXQ
      専用バルクフィーダーVXQは、VX2/VXLと連結可能です。
      空のチューブをコンテナー部に投入するだけで、自動で1本ずつVX2/VXLへ供給します。
      また、タッチスクリーンを搭載しており、簡単に設定変更が可能で、ハードウェアを変更することなく、様々なサイズのチューブやバイアルに対応します。

       

      【VXQご利用時の注意】

      VXQは、2本のレールでチューブを供給します。チューブはキャップ部分で2本のレールで支持され、直立して送られます。
      そのため、アウターキャップのように、チューブ胴体よりもキャップの直径が大きい必要があります。

       

      送液ポンプオプション(ぺリスタリック式)
      送液ポンプは、コンパクトな独立設計で、既設のVX2/VXLへの増設が容易です。
      サンプル溶液を自動で分注可能です。キャップはピッカー部で自動で開栓・閉栓します。
        分注機能仕様
       分注性能 100uL < 10%CV
      500uL < 3%CV
      1mL < 1%CV
      チューブ  シリコン/内径2.54mm
       フローレート 最大128mL/min

       

      カスタマイズ対応
      • 処理本数を最大限にするため、SBS規格ラックだけでなく、様々なラックのカスタマイズが可能です。
      • Tecan社やHamilton社など、各社の分注装置陽チューブラックにも対応可能です。

      下記例のように、15mL遠沈管用フルデッキラック(112本)など、様々なラックに対応可能です。


       

      製品情報:Sci-Print VX2/VXL
      製品情報:VXQ
      カタログはこちらから