Product Search
メーカーから探すMaker

close

    close

    カテゴリから探すCategory

    close

      close

      クリアランスセール
      (数量限定・在庫限り)
      Sale
      Keyword Search
      • biocision
      • 微量分光光度計 ナノフォトメーター
      • SampleConductor
      • プチシリーズ

      会社概要

      > 会社概要

      ごあいさつ

      当社はワケンホールディングスグループである和研薬株式会社のメーカー部門とワケン電子株式会社を統合し、新しくワケンビーテック株式会社として2012年3月に社名変更いたしました。

      ワケンビーテックのBはBiotechnologyの意味だけでなくBetter・Bestの意味も含んでおり、私たちは科学機器の専門商社として最先端 の海外製品や国産製品を導入し、また制作メーカーとして研究・開発を行ないお客様のご要望にお応え出来る製品を提供するために生まれ変わりました。

      日本は科学技術立国として1995年に制定された「科学技術基本法」により長期的視野に立って体系的かつ一貫した科学技術政策を実行することとなり、この 基本法の下で1996年度から5年間、第1期科学技術基本計画で17兆円を投資し、その後5年間毎に科学技術基本計画は進められております。
      医療・医薬、薬学、農学、工学等、様々な分野に携わっておられるお客様に私たちは、より良いもの・最善、最良、最上のものをお届けして参ります。

      私たちワケンビーテック株式会社はワケンホールディングスグループの信条である「熱意・創意工夫」を忘れず、科学技術の様々な分野の研究に貢献できるよう誠意をもってお応えしていきます。

      今後とも、ご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

      代表取締役 社長海老恵三Keizo Ebi

      経営理念

      経営理念

      われらの理念

      • 一、企業を通じて社会への奉仕
      • 一、プロ精神に徹し可能性への挑戦
      • 一、人間性の尊重と和の心
      • 一、人望と信用は企業の宝

      われらの信条

      • 熱意 創意工夫

      会社案内

      社名 ワケンビーテック株式会社(旧・ワケン電子株式会社)
      本社 〒606-8171 京都市左京区一乗寺西水干町 17番地
      ※製品・サービスに関するお問い合わせは下記の各事業所にお願いたします。
      設立
      • 1990年3月26日
      • 2012年3月21日 社名変更
      資本金 1200万円
      代表者 代表取締役社長 海老 惠三
      事業内容
      • 試薬及び理化学機材の製造販売
      • 精密機器類等の製造並びに販売輸入
      取引銀行
      • 三井住友銀行四条支店
      • りそな銀行京都支店

      事業所・アクセス

      営業本部・西日本営業部
      〒525-0029
      滋賀県草津市下笠町945番地1
      TEL: 077-568-2911(代)FAX: 077-568-2944

      東日本営業部
      〒132-0025
      東京都江戸川区松江2丁目10番22号
      TEL: 03-5661-3220(代) FAX: 03-5661-3230

      営業推進部(テクニカルセンター:大阪センター)
      〒562-0035
      大阪府箕面市船場東1丁目12-8
      TEL: 072-749-5300(代) FAX: 072-749-5600

      Tラボラトリー
      〒525-0058
      滋賀県草津市野路東7丁目2-62

      CS部(サービスセンター:草津センター)
      〒525-0029
      滋賀県草津市下笠町945番地1
      TEL: 077-568-3661(代) FAX: 077-568-3830

      拠点紹介

      テクニカルセンター(大阪センター)
      • テクニカルセンター(大阪センター)
      • テクニカルセンター(大阪センター)

      研究機器を製造・販売する会社の最上命題、それは、自社製品がお客さまにとってどれだけよいものであるかを知り、製品開発に活かすことだといえるでしょう。

      大阪大学医学部に近い、大阪府箕面市にあるテクニカルセンター、通称大阪センターは弊社の研究部門の拠点です。
      ビルの1フロアを完全に研究スペースとし、GLP準拠の培養用クリーンルームを備えました。施設には、自社製品を中心に細胞培養を用いた研究が実施できる設備を取り揃えており、様々な検証実験を始め、お客様からの受託のご相談や培養操作トレーニングのご依頼など、柔軟に対応しております。

      細胞培養に関わる製品に携わるメーカーだからこそ、日々の業務の中で培われた経験と知識を、製品開発の細かな違いに反映できるはず。1つ1つの違いは小さくとも、積み重ねられた違いは、いずれ確かな違いとなってお客様のもとに届けられると信じ、日々の研究業務に取り組み続けます。

      • テクニカルセンター(大阪センター)
      サービスセンター(草津センター)
      琵琶湖にほど近い滋賀県草津市に、弊社のサービスセンター、通称草津センターがあります。
      販売する機器の品質管理とメンテナンスを担うサービスセンターの中核となるのがCS部です。細胞培養関連機器を熟知したエキスパート集団です。弊社製品は、輸入製品、自社製造品に関わらず、自社で策定した厳格な品質基準に基づき、出荷検査が実施され、お客様のもとに届けられます。
      しかし、どれだけ優れた製品であっても、人が気づかない間に、機械は少しずつその力を落としていくもの。よいものを長くお使いいただくため、弊社スタッフは日々メンテナンスのためにお客様を訪問し、製品と向き合います。時には製品をお預かりし、ここ草津センターにて、修理や点検、オーバーホールを行います。各製品がその能力を正しく発揮するための校正業務も、CS部としての重要な役割です。昨日よりも今日、今日より明日、少しでも良い製品をお客様に届けるべく品質管理に取り組む一方で、製品の改良・開発にも取り組んでいます。
      CS部はハードウェアおよびソフトウェアの開発・設計部門を有しており、特注製品から汎用機器、システムの自動化やカスタマイズまで、あらゆるご相談とご要望をワンストップでお応えします。
      • サービスセンター(草津センター)
      • サービスセンター(草津センター)
      • サービスセンター(草津センター)